トラック運転手ともさんの日常

このブログは50歳トラック運転手が日々感じたことの記録です

えっ、そっちーーの話

 

ネットの記事で読んだ。

ある40代の女性が、コロナになった話。


その女性は、インフルエンザにもかかったことがなく、風邪も引かない、比較的元気な人だった。


しかし、ある日帰宅後、けだるさを感じ、熱を計ると39度に。

まさかと、思いながらも大丈夫やろと、そのまま横になって放置していた。

でも夜になると体温が40度を超えていた。

寝ているが、寝れない。

 

そして、いよいよ息苦しさを感じ、これはやばいと息も絶え絶えに119番に連絡、救急車を手配した。

 

救急車が来る間に入院用品を用意した。

上下スウェット、下着、着替え用シャツ、財布、通帳、手帳、診察券、保険証などを用意した。

 

救急隊が駆けつけた時は、もう半分意識がなくなっていた。

そんな中、フェイスガード越しに見える救急隊員が声をかけてくれた。

「もう大丈夫ですよ、安心してください」

その言葉と優しい目に心がほっと落ち着いた。

しかし、搬入先の病院が見つからない!

 

そう、今問題になっている受け入れ先の病院がないのだ。

そこで女性は持っている診察券のある病院を提示した。

救急隊員がその病院に連絡を取ると、そこは受け入れオッケーだったのだ。

よかった、なんとか見つかった。

 

そして一命を取り留め、入院となった彼女は、新型コロナウイルス陽性であった。

元気だった自分がまさか、新型コロナウイルスにかかるとは、、

やはりコロナは恐ろしい、、


その後、会社の同僚や友人からは、こんなメールが届いた。

「なんでコロナかかったん!」
「しばらく近寄らんといてな!」
「一緒にいたことは内緒な!」


えっ、、 、

そっち、、

まさかの仲間から、
こんな心ない言葉が送られてくるとは、、、

人間ってコロナより恐ろしい。

 

 

先日行きつけの美容院に行った時の話。
店長には小学生の娘さんがいる。

 

娘さんがアニメ好きで、
【呪術廻戦】というアニメを見てくれと、店長(父)に進めてきた。


f:id:tomoblogkun:20210806191000j:image

あまりにしつこく言うので、店長(父)は見ることにした。

 

しかし、見れる時間が少ないので、ペースは遅い。

娘さんが言う。
「もうあの話まで見た?」
「いや、まだ」

「あー、早く見てほしいなぁ」
「うーん、時間がないからまたゆっくり見るわ」

「あれなー、こうこうでこうなっていくから楽しみにしといて」

「いや、それ言わんといて、」

 

そして、店長(父)が時間のある時に呪術廻戦を見ていたら、横にいた娘が、

「これ、この後こうなるで、フフフフフフフ」

「いやだからそれ言わんといてよ。楽しみなくなるやん」

 

っていう娘さんが、ネタバレをしたがるというエピソードを聞いた僕は、こう返した。

「それめっちゃ気持ちわかるわーー

「でしょうー」

「娘さんのな」

「えっ、そっちーー笑」


僕も好きな番組はオススメして、グイグイネタバレしてしまうタイプなんで、娘さんの気持ちがめっちゃわかります。笑

 

とにかく一緒に共有したいんです。

でもこれって、
共有ではなく強要ですね、笑

 

 

 

さぁ明日も安全運転で頑張ろっと。