トラック運転手ともさんの日常

このブログは50歳トラック運転手が日々感じたことの記録です

ついにあの人が辞める…

 


前に『せつない話』の記事に登場した同僚Z氏。

 

tomoblogkun.hatenablog.com

 


一時は会社の代表も務めたが、現在は役もつかない運転手。給料も下がりに下がり、いよいよ生活が厳しい状況に追い込まれてきた。

 


僕は彼とは公私共に仲が良く色々話を聞くのだが、

 


彼は、とうとう決断した。

 


会社を辞めると。

 


僕は止めなかった。彼の現在の生活を考えると止めれなかった。

 


ていうのも、彼はすでに次候補の会社の面接に行っていた。

 


面接相手は社長様

社長様に今までの経緯、生活のこと、色々話を聞いてもらい、それを全部飲み込んでの、うちの会社の戦力なって欲しいと言われたらしい。

 


しかもトラック運転手の世間の悪しきイメージをガラッと変えて、魅力的な職業にしたいと熱く語られたそうだ。

 


正直、Z氏は胸打たれた。

 


この話を聞いた、僕も胸打たれた。笑

 

 

 

全然ちゃうと。

 


今の会社のジジイ(元社長N氏)と。

 

 

 

 


これこそ、社長やん!

 


Z氏も僕も思った。

 

 

 

ただ、社長と呼ばれる人は、

 


得てして、最初は惹かれるものだ。

 


あーだこーだ、魅力溢れることを語るものだ。

 


蓋を開けたら、めちゃくちゃブラックで、セコセコ社長ってことは、多々ある

 


ジジイのように。笑

 

 

 

そして先日、Z氏はジジイに会社を辞めることを伝えた。

 

 

 

さぁ、どんな反応?

 


①さらっと受け入れる

②キレながら受け入れる

③惜しまれて受け入れられない

 


僕は②のキレながら受け入れるを予想したが、

 


結果は、③

 


ジジイは全然受け入れてくれなかったのだ。

 


ジジイが言うには

 


「それは困る」「辞めるなら最低3ヶ月前、いや半年、いや1年は居てくれ」と、

 


いやいや、「はぁー?」である。

 


Z氏は、今今の生活が厳しいのだ、

 


そんな3ヶ月も残るとかありえない。

 


ていうか、1年ってなんやねん

 


退職届を1年前に出すんかい!

 


嵐か!

 


活動休止を1年前に言う嵐か。笑

 

 

 

じつはジジイ、今月中旬から、また東北地方車中泊の旅に行く予定をしているのだ。

 


その予定があるから、今は辞めないで欲しいのが、バレバレである。

 


いやいや、ちっさすぎる、

 


ほんま自分のことばっかりやんけ、

 


そういうとこにZ氏は嫌気がさしとんねん。

 

 

 

 


そしてジジイ

 


「ちょっと動揺してるわ」

 


と、言ったらしい。

 


「とりあえず、慌てて答えを出さずに考えて欲しい」

 


と言われたらしい。

 


Z氏も、やむなく一旦話を持ち帰ることに。

 

 

 

その後、ジジイが

 


「こういうコースで、ここ行ってな、」と。

 


自分が東北地方に車中泊するコースを、地図を見せながらZ氏に説明していたらしい。

 

 

 

いやいや、退職の話をしに来たのに、

なんで、お前の旅の話を聞かなあかんねん!笑

 

 

 

動揺しすぎやろ!笑

 

 

 

そういうとこやねん。

 

 

 

しかしジジイがこんなに動揺するなんて今まで見たことがない。

 


自分から辞めると言い出した人間には、とことん冷たく、影でボロくそにいうくせに。

 


Z氏はそれだけ優秀な人材ってことである。

 


それやったら、もっと早くにZ氏の待遇を考えろよ!

 


Z氏の決断はかたく、辞めてしまうでしょう。

 


正直、僕は残って欲しかったんですが、仕方のないことです。

 


まぁ職場が変わっても関係性は変わらないのでええか。

 

 

 

どっちにしても、Z氏が

いい方向になるように願っております。

 

 

 

ちなみに僕はジジイが「解散」って

 


言うまで辞めるつもりはないし

 


僕はもう四半世紀以上も在職しているので、

 


ここまで来たら最後まで見届けようと思っております。

 

 

 

最後までって、

 


いつか潰れるの前提かーい‼️笑

 


ていうか

 


経営のことは知らん知らん

 


知らんダースの猫ですわ。

f:id:tomoblogkun:20220513191031j:image

 

 

僕は、ただただ明日も安全運転遂行で

業務を全うするだけ。