トラック運転手ともさんの日常

このブログは49歳トラック運転手が日々感じたことの記録です

ワークシックとは?(入院27日目)

おはようございます☀

8月17日入院日記。

入院25日目 術後23日目

 

もうかれこれ、入院してから25日。術後23日目になる。

f:id:tomoblogkun:20220818212405j:image

トラックの荷台から落ちて大腿骨頸部骨折という大怪我をしてしまい人口股関節を用いた手術を受けた。

手術は成功し入院生活が始まりリバビリも順調。

8月いっぱいは入院生活が続くこともわかってる。

同僚達の励ましがあり、ジジイ(元社長N氏)からのマメな電話。僕の戻る場所はある。

 

僕も、滅多に経験できない、長期の入院生活。

そしてまだまだ長い人生からみたら、この入院生活なんて、微々たる期間。ここでしっかり休んでリバビリして、元気に復活することが大事‼️

 

そんなんも、わかってるんですよ。

 

なのに、なんかね、この盆休み、がらんとした病院、なんか、ちょっとブルーになるんです。

 

こんな長い間、入院してて、ええんかな、、

 

早く復帰して、仕事がしたいな、、、

 

早くトラック乗って、みんなと仕事がしたい、、

 

僕だけ、取り残されてる、、

 

忘れられてる、、

 

浦島太郎状態ちゃうんか、、

 

これは僕が作った造語ですが、

ホームシックならぬ

 

ワークシックにかかってます。

 

我ながらどんだけマジメやねん!笑

 

どんだけ仕事好きやねん!!笑

 

僕って、割り切ってても考えてしまう、変な繊細さがあり、だから夜もあまり寝れないタイプなんでしょう。

 

そんなワークシックにかかってる時に、

 

電話が、かかってきました。

 

ジジイ(元社長N氏)から。

 

内容は

「色々、仕事のことで今後どうして行くか

   の話をしたいから外出できないのか?」

という話でした。

 

ジジイには前にも言いましたが、コロナの影響で、入院患者は外出禁止なんです。

 

ジジイに外出は無理と伝えると。

 

「それやったら、何も言わずに抜け出したらええねん、それで戻った時に、何故抜け出した?って聞かれたら、外出できるか聞いたら無理って言われるでしょ?だから何も言わずに抜け出したんです」

って、言えと。

 

トンチもまったく効いてない

わけわからんことを言われました。

 

これが冗談ではなくマジで言うてくるところが

狂ってます。

 

とにかく外出は出来ないと納得させ、

仕事の話は退院してからになりました。

 

 

 

あんなにワークシックに

かかっていたのに。

 

なんでしょう…

 

 

 

 

仕事行くのが嫌になりました笑

 

 

まだまだ入院しときたい。笑

 

 

さぁ歩けるようになるまで頑張るぞぉ。