トラック運転手ともさんの日常

このブログは49歳トラック運転手が日々感じたことの記録です

プラトニックラブ(入院26日目)

おはようございます☀️

8月16日の入院日記。

入院24日目 術後22日目

 

♦リハビリ担当K村君

午後からのリハビリ担当はいつもK村君だ。

足をマッサージしてもらいながらの雑談。

「僕、今日めちゃくちゃ寝不足なんですよ」

「へぇー昨日寝れんかったん?」

「はい、全然、2時間くらいしか寝てないです」

「珍しいな、いつもすぐ寝るって言うてたのに」

「それが、昨日ね、彼女が家に来たんですよ」

「あ〜〜それでか」

「はい、、」

「もちろん進展、、してないわな。笑」

「はい、、、笑」

 

K村君の一人暮らしのアパートに彼女が泊まりに来たらしいです。

 

最近、買った蒸し器を使って焼売を作り、彼女と食べたとのこと。

そして、案の定、彼女を食べることはできず…

 

「それって、彼女もある程度、覚悟して来てると思うで」

「そうなんですかね、、」

「チュウもしてないんやろ?」

「はい…でも手は握りましたけど」

「一緒の部屋に居て手を握って、その先進まんて、、笑」

「僕、ほんまダメなんですよ」

 

聞くと、K村君のシングルベッドで一緒に寝たらしい。それで2人とも3時頃まで起きていて、

彼女の方が、先に寝落ち、K村君は朝まで寝れなかったそうな。

 

いやいや、色々、不健康すぎるわ。笑

 

「一緒のベッドで3時まで起きてて、何してたん?」

「なんか色々話してました」

「仕事のこととか?」

「いや、世間話みたいな」

「笑いは取った?」

「取ってないです💦」

 

「ていうか、彼女の方も、一緒の布団に入ってるわけやから、くっついて来たりないの?」

「ないですね、それ来てくれたら、僕もいきやすいんですけど」

「それって、もしかして彼女も初めてちゃう?」

「たぶんそうやと思います」

「なるほど、だからか、そらもうK村君が、勇気出して行かなあかんで」

「ですかね、、」

 

「ていうか、リハビリの仕事で、こんなに人の体揉んだりするのに、なんで彼女の体は触られへんねん。笑」

「アハハハ、ほんまですね」

「彼女にリハビリの練習させて、って言うたらええんちゃう?」

「いや、言えないっすよ笑」

「恋のリハビリやねん、とか言うたらええやん笑」

「アハハハ」

 

ほんま、こんなピュアなカップルは

今どき珍しいです。

 

「昨日ね、五山の送り火やってましたね」

「あ、らしいな、3年ぶりかな?」

「はい、雨やったんですけど、送り火の時だけ、パッと止んだらしいです」

「へぇー」

「テレビで見てて送り火めっちゃ綺麗でした」

送り火は燃えたけど、K村君は、まったく燃えへんかったな。笑」

「はい、、背中に汗かいてべちょべちょに濡れただけでした笑」

 

いつまでも、大  人(オトナ)になれないK村君でした。笑

f:id:tomoblogkun:20220817213208j:image

ここまで来たら

逆に、このプラトニックラブな2人は、

そこにたどりつくのは、結婚して初夜で

ええんちゃうかと思いました。

 

 

さぁ歩けるようになるまで頑張るぞぉ。