トラック運転手ともさんの日常

このブログは50歳トラック運転手が日々感じたことの記録です

真夜中のうんこ臭(入院30日目)

おはようございます☀️

8月20日入院日記。

入院28日目 術後26日目

 

ガタン、ゴト、同部屋の80歳じいちゃんのベッドの方から聞こえた。

ポータブルトイレの蓋を開ける音だ。

僕はウトウトしていたが起きてしまった。

しはらくして、、

部屋中に うんこ臭が漂ってきた💦

それが、かなり強烈なうんこ臭である💦

時間は0時30分

真夜中です。嘘やろ、こんな夜中に、こんな強烈なうんこ臭、まじか💦

僕は耐えきれず、マスクをがっちり付けた。

幾分かはマシになったが、臭いが消えたわけではい…

もうね、鼻の先にうんこをちょんと付けられたような臭さです💦

 

そして遠くの方では

「電気つけてーー!なんで電気消したん!」

と、叫ぶ、ばあちゃんの声が聞こえる。

 

もうかれこれ30回以上、叫んでいる。

めちゃくちゃ耳障りである。

 

僕が寝てる部屋は猛烈うんこ臭、

外からは叫ぶばあちゃんの声。

 

寝れるわけがない…

f:id:tomoblogkun:20220822075709j:image

もう僕も叫んでやろうかと。

 

「便器の中身捨ててーーなんで捨ててくれへんのーー」って。笑

 

 

にしても、この病院も入院患者の5割は認知症の人ばかりである。

 

しかし

認知症になって不幸ねと、よく言われるが

果たしてそうなのか?

ってことが最近読んでいる本に書かれていた。

 

人間というのは自我を持っている

自我があるから自分の考えは正しいと思い込んだり、裏切れらて傷ついたりもする。

 

でも動物には自我がありません。

なので、未来を思い描くこともないし、死ぬのが怖いという恐怖心もない。

もし、犬や猫が病気になっても、この痛いの何とかしてぐらいは思うかも知れないが、死にたくないという恐怖心は全くないのだ。

 

人間も認知症になると、自我が崩壊してくるので、死ぬという恐怖心がなくなってくる。

もちろん自殺も考えないし、未来への不安もないし、死ぬのは嫌だ、なんて全く思わなくなるのだ。

認知症は神様がくれたご褒美だ」

っていう人もいるくらいである。

 

そう考えると認知症になった人は、あながち不幸ではないといえる。

 

しかし、まわりはそうはいかない。

本人は楽でもまわり大変である。

 

 

夜は明けて朝食時間になった。

 

部屋は、まだうんこ臭…

 

僕は休憩所で朝食を食べた。

 

そして、ランチタイムになった。

看護師が休憩所で座っていた僕の所に昼食を持って来てくれた。

「すんません、こちらで食べてもらえます?今、部屋の臭いが凄くて、」

 

どうやら80歳のじいちゃんが、またした模様…

このじいちゃん、うんこばっかりします。

いやもうそれやったら健康やん!笑

 

しかし、まわりは大変である。

 

 

ってえらそうに言うてますが、

僕は幼少の頃から、うんこを我慢するのが好きという、圧倒的変態な癖を持っていた。

脳科学的には排便を我慢する行為は自慰行為に相当するらしい。

幼少の頃から自慰行為をするとは、

とんでもない不届き者ですよ。

そして、我慢しきれずに、漏らすことも多々あった。

 

20歳を超えてから一人暮らしをしている時、

当時付き合ってたいた、彼女が家にきた。

その時、床に落ちていた黒い塊を、彼女が拾い上げた。

「これ、なんやろー?」

「チョコレートちゃうか」

咄嗟に嘘をついた。

それは紛れもなく、僕が我慢しきれずに、コロっと落ちた、うんこだった。

「えっ、待って、これうんこやーーん‼️」

と、絶叫💦

 

僕はもう、苦笑いするしかなかった…

 

彼女に謝って、なんとかこの一件

 

水に流してもらいました。笑

 

以来、うんこを我慢することはなくなりました。

 

ほんまかい!笑

 

って、これなんの話やねん?笑

 

さぁ歩けるようになるまで頑張るぞぉ。